感動の「日本の笛」に寄せて

                                     客演指揮者   尼 崎 裕 子

この度は盛大にして華やかに40周年コンサートおめでとうございました。

まずは、その場にご一緒できたことに感激です。 そして未熟にして女性指揮者である私に楽曲を

預けたことは大変烏滸がましいことでしたが、機会を与えてくださった、高林先生はじめアカ団の皆

様に心から感謝申し上げます。 正直、楽曲は私の世代とはかなり離れており、真髄までは行き届

きませんでしたが、文献や経験や林先生や森愛子先生の音楽つくりのお力を頂きながら何とか

本番までに辿りついた感があります。 練習回数がもう少しあったら、更に深い音楽つくりが出来た

かもしれませんが、その分はマリンバの河合先生のお力もいただきながら、最終的には芸術性の

高いステージになったと思います。  私の思いは日本人に伝わる日本人の心の歌をお届けしたい

という思いだけが、今回の大きな目標でした。 それにはそれにフサワシイ音色、発声や発語は不

可欠な要素でしたし、また思いを表すハーモニーやリズムの切れ味も同様に欲しいものです。 何

度もやり直したものに関してはクリアでしたね。  組曲となると全部完璧には難しいものが、どこに

山場を持っていくかということになりますが、そういう点では周囲から色々な曲が良かったと挙げら

れていたので、今回は、アカ団らしさが随所に現れたということで成功だったと思います。

 良かった曲が集中するよりもバレタほうが全体的にはバランスが良いということになるからです。

暗譜が不安な曲はきっと消化不良だったことはこちらからもわかりましたが、安心して歌ったものは

声量もあり表情も豊かであったと思います。全曲味わいながら歌われた方は果たして何人いらした

でしょうか? でもきっと本番が一番集中してよかったことは私が保証したいと思います。ソロの方

もよく頑張ってくださいました。演技も掛け声も決まって良かったですね。 また指揮者を一生懸命

見てくださった方には心がとても動きました。 直向きなまなざしは何よりも素敵でした。  一心に

音楽を作り上げるという思いが大きな塊となりブリックに響いたことと思います。  「芸術性の高い

ステージだったね・・・」「アカ団さん凄いね・・・」「涙がでたよ」・・・「男らしかったわ・・・」「みなさんの

真剣な姿が素晴らしい」 「演技がよかった」 「曲によって表情が変わって楽しめた」 「よく声が

びていたよ」など感想を頂きました。 嬉しかったです・・・河合さんも本番が最高だったと!

 全体的には「全体的な構成と選曲がとても良かった」と言われました。偏らずに、宗教曲から日本

歌曲、ポピュラー、組曲をアカ団の魅力満載で共演者が贅沢だったと喜んで頂けました。

長時間本当に良く耐えて頑張られたと思います。 オペラ一本分ですものね。凄いです。それもジャン

ルの違うものをよく演じきったと思います。振り返っていかがでしたか? 好きな曲はきっと力が抜け

て良く歌えたと思います。 でも平均台を必死に演技しながら渡る事も是非続けて見てくださいね。 

難しい曲ほどマスターして着地が決まった時は最高の喜びが待っていますよ!! 進化し続けるアカ

団であってくださいね。

 また機会がありましたら、是非よろしくお願い致します。もっと素敵な空間をつくれるように頑張ります。

心から・・・ありがとうございました。