創立40周年記念演奏会を終えて

                                   実行委員長  長谷川 則明

 11月20日(日)の「創立40周年記念演奏会」大成功、ありがとうございました。

団員のこの演奏会にかける想い、練習への取り組み、指導していただいた各指揮者の熱意、

共演の皆様のすばらしい演奏、そしていつも団員を暖かくささえていただいているご家族のご

協力のおかげで、40周年記念演奏会を成功できましたことを、実行委員会を代表して御礼申

しあげます。

 22年5月30日(日)の第1回実行委員会で、記念演奏会のテーマを「歌い続けて40年 

皆様に感謝 明日に飛躍!」と決定して正式に取り組みを開始してから1年半、アカ団単独の

ステージとしては、初めてのブリックホールで2000席のホールを満席にするようにお客様に

来ていただけるだろうか?と演奏会当日まで心配でしたが、開場前のお客様の列を見てほっ

と安心しました。

演奏の方は、この5年間の集大成としてのアカ団の演奏をお客様に満足して聴いて、楽しんで

いただけたのではないかと思っています

第1ステージ: 「シューベルトのミサ曲」は、私の記憶ではアカ団単独の演奏会では初めての

管弦楽アンサンブルとの共演でムジカ・マルヴァローザの皆様のすばらしい演奏のおかげで、

いいハーモニーを出すことができました。


第2ステージ: 「日本の笛」は、尼崎先生の日本歌曲の指導、河合由美子さんのあたたかい

マリンバの響き、森愛子さんの想いのこもったピアノ、そして大和さんの照明演出で、日本の

土、魂のふるさとを歌いあげることができたと思います。


第3ステージ: 「あなたが選ぶ昭和の歌」は、横田建次さんの選曲・プラカード、アカ団をよく

知っておられる指方先生の編曲、若さと熱気あふれる岩永先生の指導、常多さんのハーモニカ、

野さんの絶妙な司会、そしてお客様の暖かい拍手のおかげで、会場と一体となった楽しいス

テージになりました。(「君といつまでも」が選ばれなかったのは本当に意外でした。)


第4ステージ: 「島よ」は、高月晶子さんのすばらしい朗読を織り込むことによって、この曲のイメ

ージをよりお客様に伝えることができ、また団員もアカ団の歌う男たちの情熱・生きざまを今まで

の練習以上に表現することができたのではないかと思いました。


そしてアンコールでは、ステージにアカ団はじまって以来奥様方合唱団に登場していただき、奥

様方への感謝とアカ団ファミリーの温かみをお客様にもアッピールできました。

多くの方から、「楽しい演奏会だった」、「素晴らしい演奏だった」、「感動した」との評価をいただ

いて、今まで歌い続けてきて良かったと思っております。

なお実行委員会のメンバーには次のとおりそれぞれの立場で活躍していただきましたので、ご

報告します。

企画(横田(建)、大和): 演奏会のステージ構成をお客様に楽しんでいただき、かつ、アカ団の

    演奏をじっくり聴いていただく構成・進行としていただきました。 また客演の方とのスケ

    ジュール調整、強化練習の練習会場手配もしていただきました。

広報・渉外(鎌田、宮崎(良)、原田): チラシ・ポスター作成から、後援依頼、報道機関での

    アカ団PR、プログラム作成、他合唱団へのPRをしていただきました。今回はTV局4社の

    TV出演もとりまとめていただき、入場者数アップにつながりました。

会計(大久保、林田): 予算作成から、各種支払い・入金管理、著作権申請、会計報告を取り

    まとめていただき、厳格・正確な会計業務をしていただきました。

当日運営・会場係(松尾、吉川、大塚): 他演奏会へのチラシ入れ、市内掲示板へのポスター

    掲示、演奏会当日の準備、スタッフ・看板・弁当の手配を担当していただきスムーズに演

    奏会を進行することができました。

チケット(河合、吉田): 団員へのチケット配布、売り上げ集約、共演者・他合唱団へのチケット

    依頼・売り上げ集約、入場者予測をしていただき、1558名入場を達成しました。

記録(今泉): 写真、CD(岩永)、DVD(萬木)の記録を取りまとめていただいています。DV

    は今しばらくお待ち下さい。

打ち上げ(道岡): 打ち上げ会場の予約・料金交渉から、招待者を含めた座席表・名札の作成、

    皆さんに楽しんでいただける打ち上げ進行としていただきました。

また、今回の演奏会では松下さんのおかげで松園尚巳財団からの助成金をいただき、他合唱団

・アカ団OB・アカ団関係者の方からもたくさんのご祝儀・お祝いもいただいております。御礼もうし

あげます。(詳細は別途報告いたします。)