「アカ団サウンドここにあり〜感謝の響きに包まれて〜」

                                     客演指揮者    岩永 崇史


 「このハーモニーをこのままずっと聴いていたい、奏で続けて欲しい」、それがあの時、あの場所で

感じた私の正直な感想でした。 河野英雄氏の巧みな司会進行、横田建次さんプロデュースの素敵な

フォークダンス、常多勝己さんの絶妙なハーモニカ演奏、 江頭さんの仕込み、 森愛子さんの心強く、

もりある柔らかなピアノ演奏、そして何よりアカ団の団員お一人おひとりの歌心が、お客様のお気持

ちも合わさりながらホールの隅々まで響き渡り、温かな感謝の響きに私は包まれていました。本番演奏

に至るまでに、幾度かの練習をさせていただきましたが、毎回楽しく、自分自身の課題を見つけながら、

「次回の練習は、こんな音になるとさらに美しく、温かなハーモニーになるだろうなあ」 とワクワクしな

がら自宅へ帰っていました。 幸せな体験をさせていただき、感激と感謝の気持ちでいっぱいです。 

隅々まで配慮してくださった実行委員会の皆様のマネージメントにもお礼申し上げます。 おかげさまで

安心して当日を迎えることができました。 本当にありがとうございました。  2003年に長崎に戻って

きて以来、団員としてお世話になりながら、休団や退団などでご迷惑をおかけしつつも、合唱連盟のお

仕事や機会があるごとに声をかけてくださった紳士の団体であるアカ団の皆様に感謝申し上げます。 

このような私に「指揮を振ってみないか」と声をかけて頂き、戸惑いや嬉しさの思いが入り交じり逡巡

ましたが、一緒にあの舞台に立たせて頂くことができ、本当にありがとうございました。

 本番演奏後に嬉しいひと声があり、今後も月に一度のペースで指揮をさせて頂くことがきまり、アカ団

サウンドを間近で聴けるチャンスが再びってきました。 林さんの指揮やご指導を直接受けながら、

アカ団の皆様と男声合唱の醍醐味を分かち合わせて頂きたいと期待に溢れています。年末年始と多田

武彦「尾崎喜八の詩から」を繰り返し聴いていました。 21歳の「私」は福岡男声四大学合同演奏会に

て「春愁」のソロをさせて頂きました。 あの時の「私」には正直難しいテーマでした、、、しかし、今、

アカ団の皆様と一緒に演奏させて頂けるならば、、、「静かに賢く老いるということは満ちてくつろいだ

願わしい境地だ・・・遠くへ来た人生とおのが青春を惜しむということ、これをしもまた一つの春愁という

べきであろうか・・・」

 今の「私」ができる精一杯を練習の中で毎回とりくまさせていただきます。 これからもどうぞよろしく

お願いします。

 最後になりましたが、原稿入稿が大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。 首を長くしながら

あきらめずにじっと待ってくださった今泉さんのご厚意に深謝申し上げます。