つまようじ 〜その19〜

             ”40周年のCDを聴いて

                                          指 揮 者    林  弘


「創立40周年記念演奏会」 まずは大成功おめでとうございます。

「総合指揮者として、各ステージの厳しい講評を」と云われましたので、改めて全員に配られたCDをじっ

くり聴いてみました。 厳しい講評は一杯あるようなので、第1ステージから順にいきます。

まず、第1ステージ:

 @ 最初の”Kyrie eleison" の2回目がオケと合っていません。

   また、ことばが「エ・レ・イ・ソン」と小学生のカタカナ読みになっています。・・・ということで、大切な

   シュベルトの音楽の流れがないのです。 この辺は、今後もミサ曲の演奏はアカ団単独だけで

   なく、いろいろあるでしょうから、この際しっかり身につけておくのが必要でしょう。

 A Benedictus 少人数のアンサンブルにもっとみがきをかけること。 これは、毎年12月に開かれ

   る”ヴォーカル・アンサンブル・フェスティバル”への基礎練習にもなります。

 B 各章ごとの拍手、これは、事前に聴衆の教育(ミサ曲は各章間の拍手をしないこと)が必要と思い

   ました。

次に第2ステージ:

 @ 「あの子この子」の1番、2番は歌う方が急ぎすぎて、「死んだ子を悲しむ気持ちが伝わってきま

   せん。  ピアノのあとからついていく歌い方の実習を。

 A 「びいでびいで」はもっとしっかりピアノのリズムに乗ること。

 B 演奏終了後、「司会者のお話が長すぎる」ということを何人かの人から聞きました。短時間での

   着替えなど、もっともっと研究する必要があります。

次に第3ステージ:

 @ 男声合唱になっていたのは良かったが、ユニゾンで歌う1番より合唱になった2番の方が音楽的

   に深くならなければならないのに、かえって薄くなってしまう曲が多かった。

 A メロディーパートはもっとしっかり、ヴォリュームを出して歌うこと。

 B 伴奏パートはもっと余裕を持って、メロディーを引き立てること。この訓練が必要です。

 C ピアノのリズムにもっと合わせること。

最後に第4ステージ:

 @ 初めの「島よ島よ島よ島よ〜」が2回目に崩れてしまった。

 A 長母音で><をするテクニックをつけること。

 B 「なぜ、なぜ、なぜ」がピアノと合ってない。

 C 「すみれー むらさきー」に明るさがなかった。

などなど、数えれば一杯出てきますが、アマチュア男声合唱のコンサートとして、私が経験している日本中

のコンサートと較べれば、断然Aクラスに入ると思います。

それは、まず企画、構成が良かったこと、それから演奏する人全員の一生懸命がステージに溢れていた

ことでしょう。 アカ団のみなさんはアマチュア・コーラスマンとして、日本だけでなく世界のどこでも通用す

る人たちになったと、私は確信します。 ありがとうございました。