40周年記念演奏会を振り返って

                                          団 長   下 野 康 文


  皆さん、先日の40周年記念演奏会、本当にお疲れ様でした。

当日の団員参加は、 トップ11名、セカンド13名、バリトン18名、バス14名の、 合計56名の

出場でした。 全員が4ステージともフル出演で、すばらしい演奏会だったと思います。

  ところで、演奏会の熱気も少し冷めて、冷静に振り返ってみたとき、今回の演奏会で目指した、

団長就任挨拶のなかでも申し上げた「日本語の美しさを伝える」「日本語のこころを表現する」とい

う点に関しては、一定の成果はあったとは思いますが、決してベストではなかったと感じています。

音楽的にもさらなる歌い込みが必要であり、詩の理解、詩が持つ情景的なものや観念的なものに

対するイメージの醸成といった面がまだまだ不足していたのではなかったかと感じました。

 今後も日本語の歌は歌い続けていくわけであり、そのためにはもっともっと詩を読み深め、自分の

ものにする必要があると、自戒の意味も込めて思った次第です。

 そこで、日本語の表現について、よりレベルアップするうえで、いわゆる「滑舌」により、小さな声で

あっても遠いところまでハッキリと言葉を伝えることができることを最近知りました。アナウンサーや

舞台俳優、役者は、この「滑舌」の訓練を常日頃からやっているとのことです。合唱人である我々にも

必要なことと思いました。

 豊かな人生経験と卓越した見識を持つ人を抱えた、 優秀なる人材バンクである我が団を見回して

みると、元アナウンサーで名誉団員の川野英雄さんという、まさにすばらしい方がいらっしゃいます。

川野さんを是非講師としてお願いして、「滑舌」講習会を団内で実施してはどうかと考えています。

 先日、オールドダックスの定演を聞いてきました。驚いたことにすべて暗譜でしたが、しっかり詩を覚

えていて、ハッキリ聞き取れる歌い方でした。(年齢的な差もあると思いますが・・・。)このような演奏を

聞くと、もっともっと精進しないといけないなとつくづく思った次第です。

 聞く人のこころを揺さぶるような日本語の歌い方を身につけたいと思います。