指揮者、ピアニスト、ヴォイストレーナーの紹介


    指揮者  林 弘 ( たかばやし ひろし )

   高校時代に、佐々木基之(当時佐々木幸徳)氏が提唱する「音感合唱」の指導を受け、また大学

   では学生指揮者として指揮法の研修を受ける。  1957年、長崎に就職して からは、職場合唱団、

   長崎合唱団、長崎混声合唱団等に所属し、「平和音楽祭」「第九を歌う会」など 街のアマチュア合唱

   指揮者として合唱指揮を続け、 現在は長崎アカデミー男声合唱団、長与プラーム混声合唱団、音楽

   工房Ω(オメガ)に所属している。

   長崎アカデミー男声合唱団では1944年から団員兼指揮者を務めており、また、深堀公民館の合唱

   団「リンデンバウム」、「諌早男声合唱団」の指揮者・指導者も努めています

    

    副 指揮者   岩永 崇史 ( いわなが たかふみ )


    長崎北高、九州大学文学部史学科考古学専攻卒。 九州大学男声合唱団コールアカデミーに所属、

   学生指揮を務める。 2003年より活水学院活水中学校高等学校社会科教諭。 同校にてコーラス部

   樟 TwinkleStars を立ち上げ、施設訪問や他校との交流演奏、平和コンサートなどを実施。 長崎室内

   合唱団メンバー、2012年4月より長崎県合唱連盟事務局長を務める。 混声合唱組曲「悪魔の飽食」

   第24回全国縦断コンサート長崎公演実行委員会事務局長。 長崎アカデミー男声合唱団副指揮者。




     ピアニスト   森 愛子 ( もり あいこ )

   活水高等学校普通科音楽コース、活水女子大学音楽学部ピアノ・オルガン学科卒業。

   第33回長崎県高等学校音楽コンクールにおいて金賞を受賞。 宮崎千鶴子、太田昭子、山浦直子の

   各氏に師事し、長崎県音楽連盟、長崎音楽ボランティア協会、ミンストレル・コンサート・ソサエティーの

   各会員。 現在長崎アカデミー男声合唱団、長与プラーム混声合唱団、リリック・アンサンブルの伴奏

   ピアニストを務めています。




     副 ピアニスト   寺谷 陽子 ( てらたに ようこ )

  活水女子大学音楽学部演奏学科ピアノコース卒業。 第39回長崎県高等学校音楽コンクール金賞受賞。

  作曲部門では2003年 長崎ゆめ総体ファンファーレ曲の部、最優秀賞(開式通告採用)。  第3回活水

  メロディコンテストグランプリ受賞。   小、中、高等学校にてスクールコンサート、室内楽などアンサンブル

  活動にも幅広く活動中。   アンサンブル・ユニットquatre(キャトル)、長崎の作曲家グループ“美音彩歌”

  メンバー。




    ヴォイストレーナー  尼崎 裕子 ( あまがさき ゆうこ )

  宇都宮短期大学音楽科を主席にて卒業。中学教諭として吹奏楽、合唱を指揮し8年連続で中央祭金賞、

  芸術祭賞を受賞。 故石丸寛氏・新星日本交響楽団との共演を経験。  「カルメン」、「蝶々夫人」など

  多数のオペラに出演し、ソプラノで主要な役を演じました。 また NHKテレビ、FMラジオで「ある晴れた

  日に」を歌いました。

  2006年(平成18年)11月「愛の妙薬」でアディーナ役で出演、好評を博しました。  また、国際音楽祭

  に出演、アンサンブル金沢とも共演。  指揮者としても女声合唱団「スプランドール」、「長崎大学ロマン

  ツアー合唱団」の演奏や「岩屋中学校」、「ムジカ チェレステ」、「合唱団 翔」を指揮しコンクールで金賞・

  銀賞、他賞を受賞。

  2009年(平成21年) イタリア・ローマにてソロリサイタルを開催。  同年時津カナリーホールにても同

  プログラムをローマ歌劇場ピアニスト、ローチ氏ととも開催、好評を得ました。

  また、ふたば女声合唱団、長崎アカデミー男声合唱団、東長崎中学校、長崎大学ロマンツアー合唱団等

  でヴォイストレーナーとして活躍。  声楽を田川和子、イタリアにてスティーブン・ローチ氏、小谷彩子各氏

  に師事。 長崎県オペラ協会、長崎県音楽連盟、 長崎県新演奏家協会会員。  ムジカ マルヴァローザ、

  YUKOSメンバー。 活水高校非常勤講師。



                                もどる